【和訳】Radiohead - Fake Plastic Trees





ザ・ベンズ(スペシャル・エディション)(完全初回限定盤)(DVD付)
ザ・ベンズ
難解な歌詞ですが、歌詞の真実を解き明かすサイトsongfactsによると、英ロンドン東部にあるカナリー・ワーフ地域のことを書いた歌とのこと。(トム・ヨークが実際にそう語ったとか)

カナリー・ワーフ
第二次大戦後廃墟と化したものの、1981年にこの地域を再活性化する計画が発足し、金融街として発展。
しかし、90年代に市場が衰退し大きな打撃を受けるなど、変化に富んだ地域。
※これはWikipediaにも載ってました「歌詞はロンドンの開発地区カナリー・ワーフの変遷を動機とする消費社会への批判を、恋愛感情を軸にする普遍的なバラードに落とし込んだもので、多義的。」
因みに、ゴムやプラスティック製などの言葉が出てきますが、全て"人工的"と解釈しました。

『Fake Plastic Trees』
・まがい物のプラスティック製の木



英詞はココ


Her green plastic watering can for
her fake Chinese rubber plant
In the fake plastic earth

"彼女"の緑色のプラスティック製のじょうろは
まがい物の中国製のゴムの鉢植え
ここはまがい物のプラスティック製の土に水をやるため

What she bought from a rubber man
In a town full of rubber bands
to get rid of itself

"彼女"がゴム製の男から何かを買ったように
この街はゴムバンドの消費者で溢れ
なくなろうとしている

It wears her out, it wears her out
It wears her out, it wears her out



それが"彼女"を憔悴させ、疲れ果てさせる
それが"彼女"を憔悴させ、疲れ果てさせるんだ

She lives with a broken man
A cracked polystyreneman
Who just crumbles and burns

"彼女"はぼろぼろの男と生きる
ひび割れたポリスチレン製のその男は
砕けて燃えるだけ

He used to do surgery
For girls in the eighties
But gravity always wins

"彼"は外科手術医
80年代の女の子の人気者だった
でも、勝者はいつも重力

And it wears him out, it wears him out
It wears him out, it wears him



それが"彼"を憔悴させ、疲れ果てさせる
それが"彼"を憔悴させ、疲れ果てさせるんだ

She Looks like the real thing
She tastes like the real thing
My fake plastic love

彼女は本物のように見えて
その味も本物に似ている
"僕"の愛はプラスティック製

But I can't help the feeling
I could blow through the ceiling
If I just turn and run

でも僕は感じてしまうんだ
天井を突き破れるんじゃないかって
"僕"が振り返って、走りさえすれば

And it wears me out, it wears me out
It wears me out, it wears me out



それが"僕"を憔悴させ、疲れ果てさせる
それが"僕"を憔悴させ、疲れ果てさせるんだ

If i could be who you wanted
If i could be who you wanted all the time, all the time

もし、"僕"が"君"が望むような人間になれたら...
"君"が望むような人間になれたら...毎日...いつだって...



...fin


備考
・まがい物のプラスティック製の土 = 地球