【和訳】The Pogues - Fairytale Of New York

タイトル:Fairytale Of New York
タイトルの和訳:ニューヨークのお伽話 / (邦題)ニューヨークの夢
アーティスト:ザ・ポーグス



男性パート / 女性パート

[Verse 1]
クリスマス・イヴだよ ベイビー
なのに俺は酔ったせいで牢屋の中
年老いた男に言われたよ「もう次の年は拝めないかもしれん」
すると奴は歌い出したんだ
The Rare Old Mountain Dew」さ
俺は顔をそむけ
お前のことを夢見るよ


[Verse 2]
ついに、幸運をつかんでやったよ
18倍の配当の的中さ
ようやく俺とお前の時代がやって来た
そんな気分だったよ
ハッピー・クリスマス
愛しているよ ベイビー
きっと今より良くなって
俺たちの夢は全て叶うはずさ


[Verse 3]
バーみたいな大きな車に乗った人たち
金色に光る川でも手に入れたみたいね
でも、時が流れ風が変わって
この場所に違和感を覚えたら年老いた証拠
あなたが初めて私の手を握ったとき
それは寒いクリスマス・イヴ
私に約束してくれたわよね
「ブロードウェイは君のためにある」って


[Verse 4]
「あなたはハンサムだったわ」
「お前はプリティー、
まるでニューヨークの女王だったよ」

バンドが演奏を止めても
アンコールが高鳴り
フランク・シナトラも
酔っ払いたちもみんな歌いだした
俺(私)たちは隅っこでキス
そして夜通し踊り続けたもの


[Hook]
ニューヨーク市警コーラス隊の
「Galway Bay」
鳴り響くベル
今も変わらぬクリスマスの情景


「この怠け者、まるで子供ね」
「お前だって薬中のおばさんじゃねぇか。
死んだみたいにベッドで点滴を打ってるくせに」

「何よ、犯罪者のウジ虫野郎。
ケチで惨めなホモ野郎よ。
ハッピー・クリスマス バカ野郎
あなたと別れられるように神様に祈っておくわ」


[Hook]
ニューヨーク市警コーラス隊の
「Galway Bay」
鳴り響くベル
今も変わらぬクリスマスの情景


「まともな人間になれたかもな」
「誰だってそう言うわ。
あなたは私の夢を奪ったのよ。
あなたを見つけてしまったばっかりにね」

「そうかい、俺はまだその夢を預かってるよ。
俺の夢と一緒に大切にしまってある。
一人じゃ無理でも
お前となら夢を築けるような気がするんだ」


[Hook]
ニューヨーク市警コーラス隊の
「Galway Bay」
鳴り響くベル
今も変わらぬクリスマスの情景





[Verse 1]
It was Christmas Eve, Babe
In the drunk tank
An old man said to me, "Won't see another one"
And then he sang a song
'The Rare Old Mountain Dew'
I turned my face away
And dreamed about you

[Verse 2]
Got on a lucky one
Came in eighteen to one
I've got a feeling
This year's for me and you
So, Happy Christmas
I love you, Baby
I can see a better time
When all our dreams come true

[Verse 3]
"They've got cars big as bars
They've got rivers of gold
But the wind goes right through you, it's no place for the old
When you first took my hand
On a cold Christmas Eve
You promised me Broadway was waiting for me

[Verse 4]
You were handsome"
"You were pretty
Queen of New York City"
When the band finished playing
They howled out for more
Sinatra was swinging
All the drunks they were singing
We kissed on a corner
Then danced through the night

[Hook]
The boys of the NYPD choir
Were singing 'Galway Bay'
And the bells were ringing out for Christmas day

"You're a bum
You're a punk"
"You're an old slut on junk
Lying there almost dead on a drip in that bed"
"You scumbag, you maggot
You cheap lousy faggot
Happy Christmas, your arse
I pray God it's our last"

[Hook]
The boys of the NYPD choir
Were singing 'Galway Bay'
And the bells were ringing out for Christmas day

"I could have been someone"
"Well, so could anyone
You took my dreams from me
When I first found you"
"I kept them with me, Babe
I put them with my own
Can't make it all alone
I've built my dreams around you"

[Hook]
The boys of the NYPD choir
Were singing 'Galway Bay'
And the bells were ringing out for Christmas day


ザ・ポーグスが87年にリリースした、定番のクリスマス・ソング。
アイルランド移民として、成功を夢見てニューヨークへ渡った老いた男女。二人はクリスマス・イヴに出会い、若かりし頃は夢と希望に溢れていたが、数十年後の現在は単なる酔っぱらいとドラッグ中毒。そんな二人の回顧録。
ハッピーなカップルではないのに、ハッピーな雰囲気が漂うおとぎ話(Fairytale)のような一曲。


備考
・Drunk Tank = (警察の)泥酔者保護室, 「とら箱」



この曲を...