Fun. - The Gambler

Aim & Ignite
タイトル:The Gambler
タイトルの和訳:ギャンブラー
アーティスト:ファン




ゆっくり行きましょう
残された時間は私たち怠け者になりましょう
子供たちはみんな私たちの目に花をもたらして、赤ちゃんから咲誇る
花一杯の庭で素晴らしい50年を過ごしましょう
あなたの許可はいらないわ
私たちは生きるべきなの、2人に迎えが来るまではね

私たちの心が交わったのは、18歳になったばかりのときだったわね
寒かったけど、あなたと目があったときは暖かかったわ
あなたは振り返って手を差し出したわね
私とダンスをするために
ロマンスの何も知らなかった私だけど、愛の予感を感じたわ

私が受け入れても、あなたのために薔薇は買わないわ
買うのはお花屋、あなたを孤独にさせないために

たとえ太陽がフィールドに昇って来るのをやめたとしても
私は去らない、絶対に”私にも迎えがやって来る”ときまではね*1
だから私の手を取って、知ってるでしょ、私があなたの傍から去るわけないの


あれは86年の冬、まわりは全部氷で覆われていたわね
だから私たちはアリゾナに引っ越した、たった一人の息子を救うために
その子はすっかり男性に成長したわ、でも、母親の役目もこなそうとするの
みんなに私と恋人に見られたいとも思っているのよ

私たちの娘はここを離れたのに
いつも電話をかけて来てくれるの
彼女の目はまるで彼女の父親のよう
空が曇るとき、みんなもブルー
息子のように、でも彼女は止まらない
当然のことだって受け入れて
一生懸命やるべき仕事をこなすの
グチなんて言わないのよ

あなたは、私があなたをほとんど失ってしまったと思ったでしょうね
ドクターがあなたを連れ去ったとき
でも、あの夜のように、火の傍であなたが私の手をとった日を忘れることはないわ
今日まで30年間

あなたは誓ったわよね、私たちが”迎え”を受け入れるまでここにいるって
まだその時間じゃないの、だからあなたが私の中から消えることはないわ
だから私の手を取って、私があなたの傍から去るわけないじゃない
一番大切な人へ、知ってるでしょ、私があなたの傍から去るわけないの


あなたは仕事から帰って来て、私にキスをする
それから犬と喧嘩して、私は「人間が食べるものはあげないでよ」って叱るの
お花の成長を見に庭へ向かいましょう
子供たちもお家に戻って来たわ
テーブルをセットしなきゃ
さぁ、火を灯して

Slow down,
we've got time left to be lazy
All the kids have bloomed from babies into flowers in our eyes.
We've got 50 good years left to spend out in the garden
I don't care to beg your pardon,
We should live until we die.

We were barely 18 when we'd crossed collective hearts.
It was cold, but it got warm when you'd barely crossed my eye.
and then you turned, put out your hand,
and you asked me to dance.
I knew nothing of romance, but it was love at second sight.

I swear when I grow up, I won't just buy you a rose.
I will buy the flower shop, and you will never be lonely.
Even if the sun stops waking up over the fields
I will not leave, I will not leave 'till it's our time.
So just take my hand, you know that I will never leave your side.

It was the winter of '86, and all the fields had frozen over.
So we moved to Arizona to save our only son
and now he's turning to a man, although he thinks just like his mother,
he believes we're all just lovers he sees hope in everyone.

And even though she moved away,
we always get calls from our daughter.
She has eyes just like her father's
they are blue when skies are grey
And just like him, she never stops,
Never takes the day for granted,
works for everything that's handed to her,
Never once complains.

You think that I nearly lost you
When the doctors tried to take you away.
But like the night you took my hand beside the fire
30 years ago to this day

You swore you'd be here 'til we decide that it's our time
Well it's not time, you've never quit in all your life.
So just take my hand, you know that I'll never leave your side.
You're the love of my life, you know that I'll never leave your side.

You come home from work and you kiss me on the eye
You curse the dogs and say that I should never feed them what is ours
So we move out to the garden and look at everything we've grown.
and the kids are coming home
I'll set the table
You can make the fire.

ヴォーカルのネイトが家族のことを綴った歌で「彼の母親の目線から見た家族」という解釈が正しいそうなので「I」は「私」と表現して女性口調で訳しました。「ヴォーカルは男なのに・・!!」っていう違和感を感じてもご了承ください。
タイトルのギャンブラーは父親のことだと思います。

備考
*1 ”迎えがやって来る”まで = 原文は「'till it's our time」で、直訳すると「私たちの時間まで」ですが、「ドクターがあなたを連れ去ったとき」のラインから旦那さんが亡くなっていることが明らかになっていて、その世界に母親も向かうことを「私たちの時間 = 2人が向こうの世界で暮らす時間」と表現しているのかなぁと思い、こういった訳にしました。







この曲を...

The Gambler - Aim and Ignite