The Last Shadow Puppets - The Dream Synopsis


  • タイトル / The Dream Synopsis
  • タイトルの和訳 / 夢の梗概
  • アーティスト / ラスト・シャドウ・パペッツ



俺たちが交わしたキス
それは秘密だった
こそこそと、キッチンの近くで隠れて
お互いが気付いていた、トラブルになることは
マネージャーが目を光らせているから
君が手にするのは、ピサの斜塔のようなジョッキの山
君なら俺なんかより多くの物を持ち運べるよ

邪悪な強風が吹き荒れ始める
そこはシェフィールド・シティ・センター
至る所にあったのは、ヤシの木の欠片とローマのコロッセオ
退屈でしょ?俺が自分の夢を語るときって


ビルの中で、気付いたよ
まるで海に包囲されているようだって
とっさに感じて、走り始める
はっきりとした理由は分からないけど
本当に理由は明白じゃなくて、なぜ走り出しているのか
見つかるまでは
目を覚ますなら夢の様なレポートが良いでしょ?

雪がしんしんと舞う中
ロス・フェリズで遊びまわった俺たち
俺と君とマイルズ・キーン
それと同級生数人
酷いでしょ?俺が…


過去や華やかな未来を語るときって
思考に突き刺さって頭から離れないのは
分離できない対立的イメージ
君が戻ってきてくれるのはいつかな?


邪悪な強風が吹き荒れ始める
そこはシェフィールド・シティ・センター
至る所にあったのは、ヤシの木の欠片とローマのコロッセオ
退屈でしょ?俺が自分の夢を語るときって

完全に拷問だよ、俺が夢を語るときなんて



Well we were kissing
It was secret
We’d had to sneak beyond the kitchen
Both well aware that there’d be trouble
If the manager should find us
You’d got a leaning tower of pint pots in your hand
You can carry much more than I can

And a wicked gale came howling up through
Sheffield City Centre
There was palm tree debris everywhere and a Roman Colosseum
Isn’t it boring when I talk about my dreams

I’m in a building and I notice
That I’m surrounded by the ocean
I get a feeling, I start running
Don’t really know why I am running
I never really know why I am running
‘til I get caught
Want to wake up to my dream report?

And the snow was falling thick and fast
We were bombing down Los Feliz
It was you and me and Miles Kane
And some kid I went to school with
Isn't it ugly when I talk about my…

Visions of the past and possible future
Shoot through my mind and I can’t let go
Inseparable opposing images
When can you come back again?

And a wicked gale came howling up through
Sheffield City Centre
There was palm tree debris everywhere and a Roman Colosseum
Isn't it boring when I talk about my dreams

It must be torture when I talk about my dreams

アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーとマイルズ・ ケインが結成したバンドThe Last Shadow Puppetsの2ndアルバム『Everything You've Come To Expect』に収録の1曲。

久々のアレックス・ターナーの歌詞。相変わらず表現が独特すぎて訳すのに苦労しました…が、なんとか以下のサイトを参考に訳しました。
http://genius.com/The-last-shadow-puppets-the-dream-synopsis-lyrics

基本的には夢を見ていた過去の自分や、夢のような出来事を語っている歌詞です。

備考
・マネージャー = 恐らく、女性はバーで働いていて、マネージャーはバーのマネージャーとのこと。
・pint pot = 飲み物の容器、ビールやエールなどの飲料の容器 = You’d got a leaning tower of pint pots in your hand/君が手にするのは、ピサの斜塔のようなジョッキの山 = マネージャーからの罰で仕事を増やされるという解釈で訳しました。
・邪悪な強風が吹き荒れ始める~ = このラインは正確な解釈は分かりませんが、バンドとして成功を夢見て地元のイギリス・シェフィールドから飛び出す前の感情ではないかと思います。
・ビルの中で、気付いたよ~ = このラインも上記と同じく。
・ロス・フェリズ = ロサンゼルスの地区
・分離できない対立的イメージ = 夢と現実