The Antlers - Bear

  • タイトル / Bear
  • タイトルの和訳 / 熊、大切な人(ベイビー等と同義語)..etc
  • アーティスト / ジ・アントラーズ


[Verse 1]
君のお腹の中にはベアー
幼い子は中から蹴り上げる
彼は大声で泣く、まだ声帯がなくても
僕らは彼に別れを告げようとしている

そのために適切な予約をとらないと
誰も知らなくていいこと
その翌日、ようやく僕は21歳を迎えて
僕らの新たな人生が始まる

チェルシーまで遊びにでも出掛けて
不適切なのにシャンパンを口にするかもね
きっと眠るときまで僕らの目と口は不自由なまま

友人たちは僕らとは距離を起き、電話にも出ない
しばらくはそんな状況が続くことになるかも
君は気にしなくてもショックじゃないけど
僕はどうしたら良いのか分からない

[Hook]
年を重ねた僕ら
でもまだ完全に大人なわけじゃない
年を重ねても
まだ完全に大人なわけじゃないんだ


[Verse 2]
君のお腹の中にはベアー
幼い子は中から蹴り上げる
これが全部夢じゃないなら
僕らは彼を取り出すことになる

僕らは、住居をつくったり
彼の食生活を支えていくことを恐れてはいない
怖いのはお互いの関係のこと
それが意味するものが怖いんだ

でも僕らは決断を迷わないだろう
君は僕を待合室に待たせたままかな
二人の仲が破綻してるってことは分かりきっている
きっとすぐに回復しそうにもないってことも

家に戻ったら、僕らは変わっているのかな
これまでとは全く違った人間に
まっさらなテレビをじっと見つめて座り込む君
床の上にはスーツケース

[Hook]
年を重ねた僕ら
でもまだ完全に大人なわけじゃない
年を重ねても
まだ完全に大人なわけじゃないんだ



[Verse 1]
There's a bear inside your stomach
A cub's been kicking from within
He's loud, though without vocal cords
We'll put an end to him
We'll make all the right appointments
No one ever has to know
And then tomorrow I'll turn twenty-one
We'll script another show
We'll play charades up in the Chelsea
Drink champagne although you shouldn't be
We'll be blind and dumb until we fall asleep
None of our friends will come, they dodge our calls
And they have for quite awhile now
It's not a shock, you don't seem to mind
And I just can't see how

[Hook]
We're too old
We're not old at all
Just too old
We're not old at all

[Verse 2]
There's a bear inside your stomach
A cub's been kicking you for weeks
And if this isn't all a dream
Well then we'll cut him from beneath
Well we're not scared of making caves
Or finding food for him to eat
We're terrified of one another
Terrified of what that means
But we'll make only quick decisions
And you'll just keep me in the waiting room
And all the while I'll know we're fucked
And not getting un-fucked soon
When we get home we're bigger strangers
Than we've ever been before
You sit in front of snowy television
Suitcase on the floor

[Hook]
We're too old
We're not old at all
Just too old
We're not old at all

サビで歌われているように、20歳を過ぎた大人だけど、まだ成熟していない20代前半のカップルが主人公で、彼女の妊娠が発覚してそれに立ち向かう二人の心境を綴った歌。

歌詞は中絶の方向に向かっていますが、全体的に未来形で綴られていて、結末は本人のみぞ知るというか、視聴者に委ねているみたいです。

中絶の理由としては、彼女が末期の癌を患わっているからではないか、という解釈も少数あるみたいです。


備考
・「Well we're not scared of making caves / 僕らは、住居をつくったり」 = 直訳すると「僕らは、”洞窟”をつくることを恐れてはいない」ですが、この”洞窟”はお腹の中の赤ちゃんを”ベアー(熊)”と表現しているからであって、ちょっと分かりづらいので”住居”としました。
・きっと眠るときまで僕らの目と口は不自由なまま = 妊娠中絶の秘密という罪悪感を抱えたぎこちない会話 = 目と口が不自由。


>>Litaさんへ
リクエストありがとうございました。
初視聴の曲でこれからの冬に合いそうな曲だなと思って訳してみると、中絶を扱ったなかなか重い歌詞でした…。
久しぶりに訳し応えのある歌詞で集中力高めで訳せましたが、結構難易度の高い歌詞で、ご期待に添えたかは分かりません^^;
個人的に和訳は、エモーショナルというか、ストーリー性のある曲の方がモチベーションが上がるので、そういった曲が多くなっています。
また何かあったら気軽にリクエストして下さい。
お互い身体には気をつけましょうm(__)m

因みに、以下のサイトは英語ですが、現地の方のフレーズごとの解釈が見れます。
http://genius.com/The-antlers-bear-lyrics/