Ed Sheeran - Photograph

  • タイトル / Photograph
  • アーティスト / エド・シーラン


[Verse 1]
愛は痛みを伴う、愛は痛みを伴うときもある
でも僕には唯一知っていることがあるんだ
困難を迎える、ときどき困難を迎えるよね
それは僕らが生きている証となる唯一のもの

[Pre-Chorus]
この愛は写真に残しておこう
僕ら自身がつくりだした思い出たちを
そこでの僕らの瞳は永遠に閉じない
心も壊れたりしない
その時間は凍ったように残り続ける

[Chorus 1]
だから僕を入れておいて
ジーンズのポケットの中でもいいから
僕を離さないで、僕らの目が合うまで
君は一人ぼっちなんかじゃないよ、僕の帰りを待っていて


[Verse 2]
愛は癒やし、愛は魂を正してくれる
それは僕が唯一知っていること
状況は良くなるよ、それだけは忘れないで
僕らが死ぬときに一緒に持っていく唯一のもの

[Pre-Chorus]
この愛は写真に残しておこう
僕ら自身がつくりだした思い出たちを
そこでの僕らの瞳は永遠に閉じない
心も壊れたりしない
その時間は凍ったように残り続ける

[Chorus 2]
だから僕を入れておいて
ジーンズのポケットの中でもいいから
僕を離さないで、僕らの目が合うまで
君は一人ぼっちなんかじゃないよ
君になら傷つけられても良いよ、ベイビー
言葉が傷つくだけ、写真の中のページでは
僕を抱きしめて
僕は君を離さないよ
僕の帰りを待っていて
僕の帰りを待っていて
僕の帰りを待っていて
僕の帰りを待っていて


[Bridge]
僕を入れておいて
16歳のときに買ったネックレスの中でもいいから
その隣には僕がいるべき君の鼓動
君の魂の深くに刻んでおいて
君になら傷つけられても良いよ、ベイビー
言葉が傷つくだけ、写真の中のページでは
僕を抱きしめて
僕は君を離さないよ


[Outro]
遠くにいても、君のキスを忘れることはないよ
6番街の街灯の下で
電話口から聞こえる君のささやき声
僕の帰りを待っていて

[Verse 1]
Loving can hurt, loving can hurt sometimes
But it's the only thing that I know
When it gets hard, you know it can get hard sometimes
It's the only thing that makes us feel alive

[Pre-Chorus]
We keep this love in a photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Our hearts were never broken
And time's forever frozen, still

[Chorus 1]
So you can keep me
Inside the pocket of your ripped jeans
Holding me close until our eyes meet
You won't ever be alone, wait for me to come home

[Verse 2]
Loving can heal, loving can mend your soul
And it's the only thing that I know
I swear it will get easier, remember that with every piece of ya
And it's the only thing to take with us when we die

[Pre-Chorus]
We keep this love in a photograph
We made these memories for ourselves
Where our eyes are never closing
Our hearts were never broken
And time's forever frozen, still

[Chorus 2]
So you can keep me
Inside the pocket of your ripped jeans
Holding me close until our eyes meet
You won't ever be alone
And if you hurt me, that's okay baby
Only words bleed inside these pages
You just hold me
And I won’t ever let you go
Wait for me to come home
Wait for me to come home
Wait for me to come home
Wait for me to come home

[Bridge]
Oh you can fit me
Inside the necklace you got when you were sixteen
Next to your heartbeat where I should be
Keep it deep within your soul
And if you hurt me, that's okay baby
Only words bleed inside these pages
You just hold me
And I won’t ever let you go

[Outro]
When I'm away, I will remember how you kissed me
Under the lamppost back on Sixth street
Hearing you whisper through the phone
Wait for me to come home

エド・シーランが、ホテルの一室でスノウ・パトロールのギタリスト、ジョニー・マクデイドと共同で書いた一曲。

これは大切な人と離れているときに感じる痛み、愛のもう一つの側面を描いた歌とのこと。(ソース

ちなみに幼少の頃のエドが収められたこのビデオは、MVを撮影する時間がなかたっことと、クリスマスに父親から貰った昔の自分が収められたDVDを見て感動したことが制作の経緯とのこと。
また、エドはドキュメンタリーを制作していて、その一部も使われているそうです。

備考
・「And it's the only thing to take with us when we die」 = エドがタトゥーにしたThe Streetsの「Everything Is Borrowed」にあるフレーズ「I came to this world with nothing / I leave with nothing but love / everything else is just borrowed(僕は何もないままこの世界にやってきて / 愛だけを手に去っていく / 他の物は全部借り物に過ぎない」と同じ意味。
・6番街 = デンバーにあるストリート
・電話口から聞こえる君のささやき声 = 離れているから電話でしか声を聞けない