Foster The People - Coming of Age

タイトル:Coming of Age
タイトルの和訳:成人、成熟すべき時期
アーティスト:フォスター・ザ・ピープル







ガール、君はまるで狂犬のように立っているね
その瞳には涙
もう降参して、君をこの腕の中に抱き寄せたくなるけど
後悔をしないのが僕の生き方
常に後ろは振り返らず、見るのは前だけ
でも前進している間でも、僕は死者をつくりがち

それでも僕は進み続ける
言うことは何もないからさ*1

[Hook]
感じるよ、迫っているように感じるよ
感じるよ
成熟すべき頃合いなのかな?
感じるよ、迫っているように感じるよ
感じるよ
成すべき頃合いなのかな?


恐怖が僕を海に引き込むとき
星たちは僕のプライドと敵によって隠されてしまう
僕は最も大切な人たちを傷つけてしまうんだ
まるで動物の防衛本能のようにプライドを守る僕
傷つき過ぎて争う気も起きないときは
たとえ間違っていても、僕は正しいと思いがち

このゲームには飽き飽きだよ
もう怒り狂うほどの体力も残ってないんだ

[Hook](x3)
感じるよ、迫っているように感じるよ
感じるよ
成熟すべき頃合いなのかな?
感じるよ、迫っているように感じるよ
感じるよ
成すべき頃合いなのかな?


Girl I see ya standing there like a rabid dog
And you got those crying eyes
Makes me wanna surrender and wrap you in my arms
You know I try to live without regrets
I'm always moving forward and not looking back
But I tend to leave a trail of dead, while I'm moving ahead
So I'm stepping away
Cause I got nothing to say

[Hook]
Feels like, feels like it’s coming
It feels like, feels
It’s like a coming of age
Feels like, feels like it’s coming
It feels like, feels like a coming of age

And when my fear pulls me out to sea
And the stars are hidden by my pride and my enemies
I seem to hurt the people that I care the most
Just like an animal I protect my pride
When I'm too bruised to fight
And even when I'm wrong I tend to think I'm right

Well I’m bored of the game
And too tired to rage

[Hook](x3)



マーク・フォスター:

この曲はスタジオで書いたんだけど、アルバム(3/19にリリースする新譜『スーパーモデル』)で最後にレコーディングした曲なんだ。ときどきあることなんだけど、どこからともなく音楽がやってきたんだ。面白いことだよね。最後に書いて、レコーディングした曲で、ファンが最初に聴く曲だ。
歌詞は”明確になる瞬間”についてだよ。この瞬間は今年の僕らに訪れることだと思うんだ。この2年間で僕の人生は完全に変わったよ。嵐のようなツアーの後に静けさを取り戻すと、初めての呼吸みたいに周りで何が起こっているか、友達や愛する人たちのことがよく見えたんだ。あんなに明確に見えたのは初めてだったよ。それがこの歌。成長するってことさ。

ソース
http://www.songfacts.com/detail.php?id=32162


人を傷つけるなどのいざこざを起こしても、疲れたことを言い訳に謝罪はせずに逃げ出し、前に進み続ける主人公だけど、振り返って現実と向き合うべき頃合い(=成熟すべき頃合い)が近づいていると感じる・・といった解釈で訳しました。

備考
・言うことは何もない = 謝罪の言葉



この曲を...