The Strypes - Blue Collar Jane

タイトル:Blue Collar Jane
タイトルの和訳:ブルー・カラー・ジェーン
アーティスト:ザ・ストライプス




54号室に住むブルー・カラー・ジェーン
彼女はいつもティー・カップを片手に俺のドアをノックする
彼女はミルクと砂糖を欲しがるけど、俺が欲しいのは彼女だけ
ブルー・カラー・ジェーン、あぁ、君は人騒がせな女だよ

俺たちなら大丈夫さ
ブ・ル・ー・カ・ラ・ー・ジェ・ー・ン、なぁ、頼むよ
分かってくれよ、君もそうなんだろ
俺はブルー・カラー・ジェーンを愛し、彼女は俺を愛す


ブルー・カラー・ジェーンは、いつも町のどこかにいる
着飾ったりするタイプじゃないから、髪をアップにしたりはしない
四駆車を手に入れてドライブだ、それが彼女の好み
ブルー・カラー・ジェーン、あぁ、もう君に夢中だよ

俺たちなら大丈夫さ
ブ・ル・ー・カ・ラ・ー・ジェ・ー・ン、なぁ、頼むよ
分かってくれよ、君もそうなんだろ
俺はブルー・カラー・ジェーンを愛し、彼女は俺を愛す


ブルー・カラー・ジェーンは、いつも町のどこかにいる
着飾ったりするタイプじゃないから、髪をアップにしたりはしない
四駆車を手に入れてドライブだ、それが彼女の好み
ブルー・カラー・ジェーン、あぁ、もう君に夢中だよ

俺たちなら大丈夫さ
ブ・ル・ー・カ・ラ・ー・ジェ・ー・ン、なぁ、頼むよ
分かってくれよ、君もそうなんだろ
俺はブルー・カラー・ジェーンを愛し、彼女は俺を愛す



Blue collar Jane lives in 54
Always has a teacup when she knocks upon my door
She just wants some milk and sugar but all I want is her
Blue collar Jane, my girl, you're causing quite a stir

All we could be, b-l-u-e
C-o-l-l-a-r J-a-n-e, oh baby please
If you could see, then you'd agree
That I love blue collar Jane and she loves me

Blue collar Jane, always in your town
Never wears her hair up cause she's always dressing down
You got a 4 wheel drive. You know that's how she gets around
Blue collar Jane, my girl, you knock me to the ground

All we could be, b-l-u-e
C-o-l-l-a-r J-a-n-e, oh baby please
If you could see, then you'd agree
That I love blue collar Jane and she loves me

Watch out!

Blue collar Jane, always in your town
Never wears her hair up cause she's always dressing down
You got a 4 wheel drive. You know that's how she gets around
Blue collar Jane, my girl, you knock me to the ground

All we could be, b-l-u-e
C-o-l-l-a-r J-a-n-e, oh baby please
If you could see, then you'd agree
That I love blue collar Jane and she loves me
That I love blue collar Jane and she loves me


ザ・ストライプス(公式サイトより)
Ross Farrelly - Lead Vocals/Harmonica
Josh McClorey - Lead Guitar/Vocals
Pete O'Hanlon - Bass Guitar/Harmonica
Evan Walsh - Drums/Drums

アイルランド出身、2011年に結成された平均年齢16歳、4ピースのR&Bバンド。
英NME誌で"いま一番見たいバンド"の1位に選出!18か月間、地元アイルランド、UK、ヨーロッパでのライヴハウスやフェスティヴァルで精力的にライヴ活動を実施。。Dr.Feelgood、Chuck Berry、Bo Diddley、ヤードバーズ、、ザ・ローリング・ストーンズらから影響を受けている。また、ジェフ・ベック、ポール・ウェラー、エルトン・ジョンらからも大絶賛を浴びている注目のバンド。





この曲を...