Arctic Monkeys – From the Ritz to the Rubble

タイトル:From the Ritz to the Rubble
タイトルの和訳:誇示からがれきへ(誇示 = 酒に酔った偽りの自信、がれき = その結果起こした行動でがれきのようにボロボロに)
アーティスト:アークティック・モンキーズ




昨夜、二人の用心棒がいて
一人は良い感じだけど
一人は頑固野郎
全ては奴次第、まるで政治家

奴は俺のために時間を費やす気はない
猶予を与えたり、呼吸をする暇すら
俺のことなんてどうだってよくて
列から追い出すだけ

俺は見せしめなのさ
抵抗しても無駄
後ろに並んでる人たちは、金を払ってぞくぞくと入店していく
そこで、ようやくもう望みはないと察して
列に並ぶ一万人の視線を浴びながら惨めに引き返すんだ

上着を変えて、また行動にでることはできる
その気になって脳も一変させるんだ
おい、薄笑いを浮かべる奴らや、黒服の男
何かおかしなことでもあったのか?
何で笑ってるんだよ?

奴が胸ぐらをつかんできた
もう終わりにしたいみたいだ
俺はひそかに思ったよ、列に並ぶ奴らもこれを期待しているんだろって
腕だけでなく
そこら中からボトルも飛んでくる
こんな出来事なんだんだけど
何となく話してみたくなったんだ

さて、奴らに追い出されて良かったよ、こうなる運命だったんだ
今朝起きると、口から10億の言葉が飛び出した昨夜とは別世界
深いっていう、本当の意味はなんなのか?


今日のこの街は、違って映る
今日のこの街は、昨晩とは違った街に映る
聖なる日曜日にあんなことをするべきじゃない

今日のあの娘は違って映る
こんな娘と昨晩キスを交わしたのか?
聖なる日曜日にあんなことをするべきじゃない

さて、奴らに追い出されて良かったよ、こうなる運命だったんだ
今朝起きると、口から10億の言葉が飛び出した昨夜とは別世界
深いっていう、本当の意味はなんなのか?


つまり、昨晩話したことだけど
意味があるように思えただけなんだ
今はもやが晴れてはっきりと分かったよ
あんなのに価値なんてないのさ
×2




Last night these two bouncers
And one of em's alright
The other one's the scary one
His way or no way, totalitarian

He's got no time for you
Looking or breathing
How he dosen’t want you to
So step out the queue

He makes examples of you
And there's nowt you can say
Behind they go through to the bit where you pay
And you realize then that it's finally the time
To walk back past ten thousand eyes in the line

And you can swap jumpers and make another move
Instilled in your brain you've got something to prove
To all the smirking faces and the boys in black
Why can't they be pleasant?
Why can't they have a laugh?

He's got his hand in your chest
He wants to give you a duff
Well secretly I think they want it all to kick off
They want, arms flying everywhere and
Bottles as well it's just
Something to talk about
A story to tell you

Well I'm so glad they turned us all away we'll put it down to fate

I thought a thousand million things that I could never think this morning

Got too deep, but how deep is too deep?

This town's a different town today
This town's a different town to what it was last night
You couldn't have done that on a Sunday

That girl's a different girl today
That girl's a different girl to her you kissed last night
You couldn't have done that on a Sunday

Well I'm so glad they turned us all away we'll put it down to fate
I thought a thousand million things that I could never think this morning
Got too deep, but how deep is too deep?


Last night what we talked about
It made so much sense
But now the haze has ascended
It don't make no sense anymore


酒に酔ってクラブに行くも、用心棒に入店を拒否されて暴れた主人公。

次の日、目を覚ましてアルコールが抜けると、街も夜を共にした女性も違って見えて、口からくだらない10億の言葉が出てこない。正常さを取り戻してみると、昨夜の行動はとても愚かで意味のないものだったと悟る、といった「酒(若しくはドラッグ)には気をつけろ!」といったメッセージの歌だと解釈しました。


備考

・昨晩話したこと = 用心棒とのいざこざ



この曲を...