Arctic Monkeys – Fake Tales of San Francisco

タイトル:Fake Tales of San Francisco
タイトルの和訳:サンフランシスコの作り話
アーティスト:アークティック・モンキーズ




サンフランシスコの作り話が
部屋に響き渡る
まるで新郎新婦が不在の
ウェディング・ディスコのよう
なのに奴はスーパークールなバンドを気取って
おしゃれな帽子をかぶり、片手には白ワイン
週末のロックスターはトイレに閉じこもって
一人でドラッグをやるもの


あんたの話なんか聞きたくないんだ
(俺を追い出してくれないかな、誰か)


サンフランシスコの作り話が
この部屋に流れる
周りを見渡すとうんざりした顔ばかり
何でこんなとこに来たんだろうって

素人みたいにマイクがハウリングして
若い娘の着信音が鳴った
彼女は躊躇なく出口に向かって
外に逃げ去った
彼女の雄叫びが聞こえる
「助かったわ。あのバンドは独りよがりで、退屈で仕方なかったの」

あんたの話なんか聞きたくないんだ
(俺を追い出してくれないかな、誰か)

ついに奴の彼女も現実に気づいた
彼は愛に盲目なだけじゃなく
耳も遠いってことに


ハンターズ・バー出身の男が、サンフランシスコの話を続ける
どれぐらい離れているのかは知らないけど
とにかく全然違う場所
全く違うんだよ

そろそろあんたに全部打ち明けようか
あんたの出身はニューヨークじゃなくて、ロザラムなんだ
あんたに必要なのはバンドワゴンじゃなくて、旅行パンフレットだよ
Yeah, yeah, yeah


バンドワゴンからはさっさと降りて、旅行パンフレットを探しな
Yeah





Fake Tales of San Francisco
Echo through the room
More point to a wedding disco
Without a bride or groom
There's a super cool band yeah
With their trilbys and their glasses of white wine
And all the weekend rockstars in the toilets
Practicing their lines

I don't want to hear you
(Kick me out, kick me out)
I don't want to hear, you know
(Kick me out, kick me out)
I don't want to hear you
(Kick me out, kick me out)
I don't want to hear you
I don't want to hear your...

Fake Tales of San Francisco
Echo through the air
And there's a few bored faces at the back
All wishing they weren't there

And as the microphone squeaks
A young girl's telephone beeps
Yeah she's dashing for the exit
And she's running to the streets outside
"Oh you've saved me," she screams down the line
"The band were fucking wank
And I'm not having a nice time."

I don't want to hear you
(Kick me out, kick me out)
I don't want to hear, you know
(Kick me out, kick me out)

Yeah but his bird thinks it's amazing, though
So all that's left
Is the proof that love's not only blind but deaf

He talks of San Francisco, he's from Hunter's Bar
I don't quite know the distance
But I'm sure that's far
Yeah I'm sure that's pretty far

And yeah, I'd love to tell you all my problem
You're not from New York City, you're from Rotherham
So get off the bandwagon, and put down the handbook
Yeah, yeah, yeah

Get off the bandwagon and put down the handbook
Get off the bandwagon and put down the handbook
Get off the bandwagon and put down the handbook
Get off the bandwagon and put down the handbook
Yeah



パーティーで、サンフランシスコに行ってもいないのにそこの話、若しくは歌を歌う一人の男性。つまらなすぎて、その場にいる人間には苦痛でしかないのに、愛に盲目(音楽への愛etc..)で、耳も遠い本人は独りよがりに話を続ける。
そんな男性に、ナレーターが「現実に気づきなよ」と訴えるといった感じのストーリーだと思います。

備考
・ハンターズ・バー = Arctic Monkeysの地元イギリスはシェフィールドにあるバー。
・ロザラム = シェフィールドの近くの町




この曲を...

Dancing Shoes - Whatever People Say I Am, That's What I'm Not