Arctic Monkeys – Balaclava

タイトル:Balaclava
タイトルの和訳:バラクラバ(フード) 《顔以外の頭(と首)をぴったりおおうウールのずきん》.
アーティスト:アークティック・モンキーズ








隣のドアを開けて逃げ出してやれ
あの時間を迎える前に
それは楽しいとかじゃなくて
感情の問題
フードは信頼していい
上手く惑わせられるだろうから
結末の臭いに塩分が含まれて
化粧が落ちるぐらいなら

若しくは罵られて当惑する
少年の顔に血が流れるだろう
そこでようやく争いの真っ最中だって気付いて
生まれてなんて来なきゃよかったと願うことになる
慌てて足あとを辿っても
後戻りができる道はない
こんなのおかしい、おかしい、間違ってる
でも俺たちは愛しあう、トラブルが大好きだから

君は燃え盛るビルから彼女を遠ざけているのか?
それともサメに向かって放り投げているのか?
あぁ、結末も始まりのように楽しければいいのに
フードは信頼していい
上手く惑わせられるだろうから
こんなのおかしい、おかしい、間違ってる、彼女は待ってはくれない

そうさ、それでも彼は彼女を視界から消そうとはしない
愛を重ね続け
短剣は抜かれる
この犯罪の詐欺師は誰なんだ?
×2


そうさ、彼は都合よく彼女を視界から消そうとはしない
×3

それはいつだって君次第
決意を固めるだけ


君は最初のキスを交わす直前からトラブルになることは分かってはず
静かで生意気だけど、面倒な女だってことは耳にしていたんだから
彼女がそんなの取ってよ、と君に要求しても
君は抵抗をやめない
ごめんね、俺はフード帽子をかぶりつづけるよ


Running off over next doors garden
Before the hour is done
It's more a question of feeling
Than it is a question of fun
The confidence is the balaclava
I'm sure you'll baffle 'em good
Will the ending reek of salty cheeks
And runny makeup alone

Or will blood run down the face
Of a boy bewildered and scorned
And you'll find yourself in a skirmish
And you wish you'd never been born
And you tie yourself to the tracks
And there isn't no going back
And it's wrong wrong wrong
But we'll do it anyway cause we love a bit of trouble

Are you pulling her from a burning building
Or throwing her to the sharks
Can only hope that the ending is as pleasurable as the start
The confidence is the balaclava, i'm sure you baffle 'em straight
And its wrong wrong wrong, she can hardly wait

That's right, he won't let her out his sight
Now the shaggers perform
And the daggers are drawn
Who's the crooks in this crime?

That's right, he won't let her out his sight
Now the shaggers perform
And the daggers are drawn
Who's the crooks in this....
Crime!

That's right, he wont let her out his sight
That's right, he wont let her out his sight
That's right, he wont let her out his sight

You'll be able to post any day of the most
For the sights of all time

You knew that it'd be trouble right before the very first kiss
Quiet and assuming but you heard that they were the naughtiest
She pleaded with you to take it off
But you resisted and fought
Sorry sweetheart, I'd much rather keep on the balaclava.


バラクラバはよく犯罪などに使われるフード帽子のことですが、アレックスは「カジュアルセックスについての歌」と語ったそうです。

なので、「フード = コンドーム(詐欺師)」と解釈して、出会った頃と違ってカジュアルなセックスを卒業しようと要求してくる彼女(「彼女は待ってはくれない」)に対して、男性の方は悲惨な結末を想像して、コンドームをはずす決断を下せない(「上手く惑わせられる」)、といった感じで訳しました。

恋人を犯罪者のように傷つけてしまう男性のストーリーという解釈もあるみたいです。

備考
・shagger = セックスのスラングらしい
・短剣 = 恐らく男性の○○○



この曲を...

Old Yellow Bricks - Favourite Worst Nightmare