Blur - Parklife

タイトル:Parklife
タイトルの和訳:パークライフ(様々な公園の日常の風景)
アーティスト:ブラー ft.フィル・ダニエルズ




[Verse 1: Phil Daniels]
自信につながるよ
習慣的に好んでパークライフとして知られる場所を覗きこむことは
朝にスーツを着るかは君次第
パークライフとして知られる場所を通り過ぎてみるか?
ジョンは酒を飲み過ぎて勃起不全
パークライフを愛する汚いハトにすら怯えてやがる
あの威張って歩く太った男は誰だよ?
ポークライフ(豚みたいな生活)仲間とは手を切って、運動すべきだって

[Chorus: Blur]
全ての人々
たくさんの人々が
手を取り合って進む
それぞれのパークライフへ


[Verse 2: Phil Daniels]
なぁ、言ってることは分かるよな?
俺が起きる時間は自由
突然ゴミ収集車の音に起こされる水曜日以外は(パークライフ)
ズボンを履いて、カップを手に取ったら
そろそろ引っ越すか、なんてぼんやり考えてみる(パークライフ)
時々、ハトやスズメに餌をやるだけど
なぜだか幸福感を感じだるんだ(パークライフ)
これだけで残りの人生に安心感が生まれる
ちょっとした使命みたいなもんかな(パークライフ)


[Chorus]

[Verse 3: Phil Daniels]
「技術による先進」なんてスローガンは気にしなくていい
パークライフでのジョギングが好きな君たちは
(パークライフ)

[Chorus]


[Verse 1: Phil Daniels]
Confidence is a preference
For the habitual voyeur of what is known as (parklife)
A morning suit can be avoided if you take a route
Straight through what is known as (parklife)
John's got brewers droop, he gets intimidated
By the dirty pigeons they love a bit of it (parklife)
Who's that gut lord marching?
You should cut down on your porklife mate, get some exercise!

[Chorus: Blur]
All the people
So many people
They all go hand in hand
Hand in hand through their parklife

[Verse 2: Phil Daniels]
Know what I mean
I get up when I want except on Wednesdays
When I get rudely awakened by the dustmen (parklife)
I put my trousers on, have a cup of tea
And I think about leaving the house (parklife)
I feed the pigeons I sometimes feed the sparrows too
It gives me a sense of enormous well being (parklife)
And then I'm happy for the rest of the day, safe in the knowledge
There will always be a bit of my heart devoted to it (parklife)

[Chorus]

[Verse 3: Phil Daniels]
It's got nothing to do with Vorsprung durch Technik you know
And it's not about you joggers who go round and round and round
Parklife (parklife)

[Chorus]

パークライフは、アルコール依存症だったり、仕事漬けの人とは対極にある、皆で散歩したりといった平和な生活のことだと思います。


備考
・brewers droop = アルコールの取り過ぎで勃起不全
・gut lord = a swaggering fat man = 威張って歩く太った男
・Vorsprung durch Technik(ドイツ語) = 「技術による先進」 = 自動車メーカー、アウディと親会社フォルクスワーゲンのスローガン



2012年、ブリット・アウォードでのパフォーマンス



この曲を...

パークライフ - The Best of Blur