Fall Out Boy - Save Rock and Roll(ft.Elton John)

タイトル:Save Rock and Roll
タイトルの和訳:セイヴ・ロックンロール -FOBのロックンロール宣言-(邦題)
アーティスト:フォール・アウト・ボーイ




[Sample: Patrick Stump]
君の呼吸が止まるまで、止まるまで...
君の呼吸が止まるまでは、止まるまでは...
永遠に...

[Verse 1: Patrick Stump]
まだ夢を見たいよ
力尽きずに
暗闇も必要
光ある場所には
俺は涙を流したんだ、誰にも見せずに
ファックユー、だから君は俺を涙で溢れさせれるんだって
そっとしておいてくれよ

[Bridge: Patrick Stump]
愛するものには正直に
イエスの言葉で溢れる世界に流されちゃいけない
俺がここにいるのは叫ぶため

[Chorus: Patrick Stump] x2
なぜだか
どこに行こうと
トラブルはつきまとってくる
キーワードは「ロックンロールを救え」


[Sample]

[Verse 2: Elton John]
自棄気味な血を分けた兄弟よ
沈黙の誓い
これが俺たちの世代の声明

[Verse 2: Patrick Stump]
でも俺だけじゃないはずだよな?
最後のやんちゃなクソガキみたいに
信じ続けている奴は

[Bridge 2: Elton & Patrick]
俺は信頼を裏切ったりしない
フレーズは「Going down swinging」
変わらずに曲を書き続ける
思わず歌いたくなる曲を

[Chorus: Elton & Patrick] x2

[Bridge 3: Elton & Patrick] x2
俺達はどこにも行かない
どこにも行かないさ
やめどきが分からないからね


[Bridge: Elton]

[Chorus: Elton & Patrick] x2

[Bridge 3: Elton & Patrick] x3




[Sample: Patrick Stump]
Until your breathing stops, stops
Until your breathing stops, stops, stops
Your-your-your-your, forever

[Verse 1: Patrick Stump]
I need more dreams
And less life
And I need that dark
In a little more light
I cried tears you’ll never see
So fuck you, you can go cry me an ocean
And leave me be

[Bridge: Patrick Stump]
You are what you love
Not who loves you
In a world full of the word yes
I'm here to scream

[Chorus: Patrick Stump] x2
No, no
Wherever I go, go
Trouble seems to follow
Only plugged in to save rock and roll

[Sample]

[Verse 2: Elton John]
Blood brothers in desperation
An oath of silence
For the voice of our generation

[Verse 2: Patrick Stump]
Woah
How’d it get to be only me?
Like I’m the last damn kid still kicking
That still believes

[Bridge 2: Elton & Patrick]
I will defend the faith
Going down swinging
I will save the songs
The songs we can't stop singing

[Chorus: Elton & Patrick] x2

[Bridge 3: Elton & Patrick] x2
Oh no, we won't go
Oh no, we won't go
We don't know when to quit, no, no

[Bridge: Elton]

[Chorus: Elton & Patrick] x2

[Bridge 3: Elton & Patrick] x3

FOB約4年振りのニューアルバムのタイトルトラックで、ロック界の大御所エルトン・ジョンとの共作。

タイトルを直訳すると、最近はチャートにランクインすることが珍しくなった「ロックを救え」ですが、そのままの意味ではなく、メディアから「ロックを救うために戻ってきた」と言われるだろう自分たちへの皮肉(ピート談)だそうです。

で、この曲にもそういったことが背景にあるといった解釈で「ロックを救う必要なんかない。だってロックは今でも生きているって信じているし、ロックファン(自棄気味な血を分けた兄弟)も信じてるはず。年々ロックの影が薄くなっているのは事実だけど、そんな時代には流されず、俺たちはただこれまで通りやり続ける」という、基本的にはファンへのメッセージといったイメージで訳しましたが、完全に個人的な見解です(苦笑)。

細かいことは下記にて。

備考
・「俺は涙を流したんだ、誰にも見せずに / ファックユー、だから君は俺を涙で溢れさせれるんだって」 = この”君”は活動休止を悲しむファンかと思いましたが、「ロックは死んだ」の声のような気もして、どちらともとれる訳し方にしました。
・どこに行こうと = ソロ活動..etc
・Going down swinging = 多分、これはFOBの曲「Sugar, We're Goin Down」のことだと思うので、そのままにしました。


因みにアルバムのジャケットは、伝統的な衣装を着た少年と、パンクなファッションでタバコをふかす少年の2ショットですが、これは「新旧の衝突」がテーマとなっていて、古きものと変化が同時にやってくるといったイメージで、人間でいえば思春期とのこと。


ソース
http://www.songfacts.com/detail.php?id=29133





この曲を...

My Songs Know What You Did In the Dark (Light Em Up) - My Songs Know What You Did In the Dark (Light Em Up) - Single