Green Day - Like a Rolling Stone (Bob Dylan cover)

タイトル:Like a Rolling Stone
タイトルの和訳:転がる石はコケむさない(詳細は「What's the Story?」の欄にて)
アーティスト:グリーン・デイ(原曲:ボブ・ディラン)


かつての君は華やかな服を身につけていた
貧しい人間に小銭を恵んでやったこともあったよな?
「お嬢ちゃん、用心しないと落ちぶれますよ」って皆は口を挟むけど
君は冗談でしょ?って、ちっとも相手にしない

君はよく高笑いを浮かべたもの
街中で浮浪者を見つけては

今や君は口をつぐみ
かつてのプライドは存在しない
街中では、必死に食べ物をかき集めなきゃいけない

どんな気分だい?
どんな気分だい?
家がなくて
ちっぽけな存在
転がる石みたいな感じ?


孤独嬢、君は立派な学校を卒業しただけど
楽しい過去に過ぎないことは身に染みてるだろ
誰も路上での暮らし方を教えてくれなかったし
自分の力で生き抜くしかない

君は「変な浮浪者なんか相手にしない」と言ったけど
現実からは逃れられない

彼はアリバイなんか売っちゃいない
空虚な彼の目を覗き込みながら
「取引成立?」って聞くしかないんだ

どんな気分だい?
どんな気分だい?
孤独で
帰る家すらない
ちっぽけな存在
転がる石みたいな感じ?


君は手品師と道化師たちの過去を振り返ったりしない
奴らは君にトリックを仕掛けた
それが良くないことだとは思いもしなかったんだよな
簡単に他人を信じるもんじゃない

彼女はよく外交官とクローム・ホースに跨ったもの
肩にシャム猫をのっけた男と

大した奴じゃないって気付くのは簡単
でも、ちょっと遅かった
全て盗まれてしまったあとでは

どんな気分だい?
どんな気分だい?
孤独で
帰る家すらない
ちっぽけな存在
転がる石みたいな感じ?


尖塔の上のお姫様と上流階級の人々は
酒を手に自分たちにも酔いしれる
高級品を交換しあったみたいだけど
ダイヤモンドの指輪なんかさっさと手放して質屋に売り払うべきだよ、ベイビー

君はよく面白がったもの
ぼろ切れを着たナポレオンと彼の言葉遣いを

君も彼の元に行くんだ、この呼び出しは拒否できない
君は何も持っていないんだから、失うものもない
今や君は誰の目にも留まらないし、隠すような秘密もない

どんな気分だい?
どんな気分だい?
孤独で
帰る家すらない
ちっぽけな存在
転がる石みたいな感じ?

Once upon a time you dressed so fine
You threw the bums a dime in your prime, didn't you?
People'd call, say, "Beware doll, you're bound to fall"
You thought they were all kidding you

You used to laugh about
Everybody that was hanging out

Now you don't talk so loud
Now you don't seem so proud
About having to be scrounging for your next meal

How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?


You've gone to the finest school all right, Miss Lonely
But you know you only used to get juiced in it
And nobody has ever taught you how to live on the street
And now you find out you're going to have to get used to it

You said you'd never compromise
With the mystery tramp, but now you realize

He's not selling any alibis
As you stare into the vacuum of his eyes
And ask him, "Do you want to make a deal?"

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?


You never turned around to see the frowns on the jugglers and the clowns
When they all come down and did tricks for you
You never understood that it ain't no good
You shouldn't let other people get your kicks for you

You used to ride on the chrome horse with your diplomat
Who carried on his shoulder a Siamese cat

Ain't it hard when you discover that
He really wasn't where it's at
After he took from you everything he could steal

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?


Princess on the steeple and all the pretty people
They're drinking, thinking that they got it made
Exchanging all kinds of precious gifts and things
But you'd better lift your diamond ring, you'd better pawn it, babe

You used to be so amused
At Napoleon in rags and the language that he used

Go to him now, he calls you, you can't refuse
When you got nothing, you got nothing to lose
You're invisible now, you got no secrets to conceal

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?

以下、原曲ボブ・ディランのWikipediaから

この曲は6分という、当時のシングルとしては異例の長い演奏時間を有していた(当時は3分程度というのがシングルの常識だった)。また、「孤独嬢(Miss Lonely)」の転落を通じて、虚飾に満ちた生き方からの脱却を説く歌詞も、従来のヒットソングにはない辛辣さを持っていた。それにもかかわらず、ラジオによる放送などで評判となり、大ヒットを記録。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」は、かつて上流階級に属していた女性の転落を描いた部分に見られる反体制的な社会批評性と、「How does it feel?(どんな気持ちだい?)」で始まる意識変革を促すフレーズが相まって、それまでのディランが追求してきたテーマの総決算となっている。

歌詞は、イギリス・ツアー終了後の帰途中、1965年6月初旬にディランが書いたある一編の散文詩が元になっている。ディランは、その創作の初期段階について、ジャーナリストのジュールズ・シーゲルズ(Jules Siegel)に以下のように語っている。
「長さは10ページもあった。それは、特別なものじゃなかった。あることに対するぼくの明確な憎しみを自分に正直に、リズムをつけて紙の上に綴っただけのものだった。最後にはそれは、憎しみではなく、ある人たちにきみたちの知らないことがあるよ、きみたちは幸運だよ、と教えるものになっていた。報復ということばの方があたっている。初めはそれを歌だとは考えなかった。だが、ある日ピアノの前にすわったとき、それが紙の上で『どんな気がするかい?(How does it feel?)』と歌いはじめた。とてもゆっくりしたペースで、とてもゆっくりで何かを追いかけているみたいだった。(1966年2月)」



備考
where it's at = ((米略式))活動[できごと]の中心, 核心;いちばん重要な[おもしろい, 進んだ]
Like a rolling stone = バンドのローリング・ストーンズのことではなく、ハンク・ウィリアムズの歌にある「I'm a rolling stone, I'm alone and lost」のフレーズにインスパイアされたもので、ことわざ「A rolling stone gathers no moss(転がる石はコケむさない)」のこと。
転がる石はコケむさない = 、アメリカでは「いつも活動的に動き回っている人は持っている能力を錆び付かせることはない」という意味になる。(Via:Wikipedia)



ボブ・ディラン「Like a Rolling Stone」





この曲を...


Like a Rolling Stone - The Green Day Collection